年明けに家を完成させたいなら。一体いつから家造りに取り掛かれば良いの?

引越しまで考えた家造り

年明けに家を完成させて引越したいというときには、まず家の完成から引越しまでの期間を逆算していく必要があります。
年明けを目標にするのであれば、家の完成から反対に工事の着工時期、打ち合わせ、住宅会社や工務店を決めるのかを考えていきます。
まず、工事着工から考えて年明けつまり1月前半には工事が終わり、施工主検査と手直し期間を得てから引渡しするというのが一般的な日程となっています。工事期間は家の大きさによって異なりますが、木造二階建て30坪前後なら工事期間は4ヶ月前後が一般的です。それ以上になるともう少しかかり、丁寧な仕事が売りという会社であれば半年程度かかります。
打ち合わせ期間は間取りや設備などを打ち合わせますが、こだわる場合には3か月ほどかけるということは多くあります。また、工務店を探す場合には勉強を3ヶ月~半年ほどがちょうど良いとされています。

具体的な期間について

家造りを始めてできるまで勉強をする期間まで含めて、最短で1年ぐらいはかかると考えて動くことをオススメします。 ただし、どこかで遅れが出てしまうと焦って遅れを挽回しようとするケースもよくあります。遅れを挽回しようとすると打ち合わせがいい加減になってしまうこともあるため注意が必要です。 早めに家造りを始めることは悪いことではないですが、大きな買い物ですので焦れば焦るほど良い家からは遠ざかってしまいます。ストレスになってしまうことも考えられますが、時間と心に余裕を持って家造りをすることが後悔しない家造りにつながります。 家を作るにはある程度の期間が必要なことを理解し、どのような流れになるかなどを知ってから家造りを始めることが大切です。